「美トーク」に関するQ&A

Q.声に自信がありませんが、

「美トーク」できますか?

A.今まで普通にコミュニケーションできてきたなら問題ありません。
声質は、個性ですから。
あまりに声が小さいとか大きいとかそちらの方が問題かもしれません。

Q.特別な言葉遣いを勉強するのですか?

A.マナーに触れるようでは困りますが、ナチュラルな会話に一工夫するのが「美トーク」です。
謙譲語などの知識やボキャブラリーを増やすための勉強など必要ありません。

Q.鼻濁音とかアクセントとかわかりません…

A.プロのナレーターやアナウンサーを目指すなら、鼻濁音、アクセントの正確性は欠かせないものです。
でも「美トーク」では重要視しません。細部より、根底(きき手への意識)を最優先するからです。

Q.「美トーク」は標準語なんですか?

A.標準語は例えれば、フォーマルスーツ(礼服)や制服のようなもの。
日常生活や仕事の場ではそぐわないこともあるでしょう。
「美トーク」はビジネススーツやお洒落着に例えられます。
時代に即し、生き生きとしていて、動きやすく人柄に応じた個性も発揮できる、仕事の場でも失礼のない話し方が「美トーク」です。

Q.方言は「美トーク」じゃないの?

A.方言はそれぞれの土地の最もカジュアルなトークですね。
もっとも本音を表現しやすい話し方ですが、パジャマやジャージなどの普段着のようなもの。
和装にも例えられるかもしれません。方言はここでいう「美トーク」ではありませんが美しい日本語として守り続けていくものだと考えています。

Q. 地方にいるのですが「美トーク」の指導を受けられますか?

A.スカイプでのオンラインレッスンがあります。
1回ごとの料金制で納得いくまでステップアップしていくことができます。

詳細はこちら   

gipus   

研修、講演会のお問い合わせはこちらから

研修依頼
Copyright 2017 美トーク